September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

11月24日 取りあえずおめでとう

? 何なんでしょう?この気持ちは。
20世紀最後のビックカップルと言われた「キムタク&工藤静香」の結婚。
とってもおめでたい話なのですが、
素直におめでとうと言えないのです。? 前にもお話ししたように遠い昔、工藤静香の大ファンだったからでしょうか?
それとも、二人がお似合いのカップルではないという気持ちからでしょうか?
私の入籍以上に盛り上がるマスコミへの不満でしょうか?
スクープしたのが、スポニチだったからでしょうか?
(また永井さんが怒るかも・・・)何でか、分からないのです。? 中学時代を野球とおニャン子、
そして工藤静香に費やした私にとって、
こんな日が来るとは考えもしませんでした。
彼女の人気が下がると共に、的場浩二(字が違う?)、
YOSHIKIと噂になり、
そんなことでしか名前が聞こえなくなって寂しいと思ったりもしました。
テレビのレギュラーが決まったと聞けば「夜もひっパレ!」。
完全に落ちたなと思いました。しかし、落ちてはいなかったのです。
最高の男性を手に入れたのです。
でも彼女にとってのお似合いは、
過去の二人の方だと思えてしょうがないのです。? あ〜、何だかよく分からなくなってきた。
大体、なんでこんな事に悩んでいるのでしょうか、私ったら・・・? もう一人夢中になっていた浅香唯も大物と結婚すれば、
悩みが解決するかも。するかっちゅうの!

11月22日 前の女性もひとりごと

? 帰りの電車でのこと。
座れて喜んでいる私の反対側に、
20歳後半の女性が座っていた。見た感じ普通の人。
しかしよく見ると、口元が慌ただしく動いている。
間違いなく、ひとりごとを言っているのである。
何を言っているのか分からない。
表情は、かなり厳しい。怒っているようだ。
と思ったら、突然笑みを浮かべたりする。恐い。
何か会社で嫌なことがあったのか、私生活で嫌なことがあったのか。
そんなことは私の知ったこっちゃ無いし、
彼女からしても大きなお世話だろう。
彼女は、蕨で降りた。蕨は読めるかな?ワラビです。
皆さんも、そんな人を見かけたら、そっとしておいてあげましょう。? そして、ちょっと遅くなりましが、
先日の内閣不信任案の騒ぎは政治に関心の薄い私でも、
連日新聞を読むほど興味をそそられました。
しかし、加藤さんにはやられましたね。
ずる休みとは・・・。そんなに自民党を離れるのが嫌なのでしょうか。
「試合に出れなくてもいいから、ジャイアンツにいたい」
と同じ感覚なのでしょうか。
それに付き合わされて、ワクワクした私の気持ちはどうなるのでしょうか。
泣くぐらいだったら、おとなしくしてなさい。
家族の方は、頭が痛いだろうな〜。? 水をぶちまけてしまった”ちょんまげさん”は、やっちゃいましたね。
血の気の多さは、さすが元レスリング選手。
しかし、凶器攻撃はいけません。
下にいた、罪のない速記の方にもかかってしまったようで、謝りなさい。
やるなら、コップごと投げなきゃ。それもダメか。
ちょんまげさんは、クビかな?
もう一度、スポーツ平和党からやり直す方が賢明ですね。
この人も、最後は半べそだったな。親の方が泣きたいだろうに。? 今回の件で、政治家への信頼は一層ダウンしたでしょうね。
それにしても、我らが田中真紀子はどこにいたんだろう?

11月18日 今年もドラフト指名無し

 今年もありませんでした。ドラフトの指名が。高校を卒業してから、何年経ったでしょう。もう10年、プロ野球は僕の存在に気付いていません。いや、10年ではありません。中学・高校と野球の名門「和光学園」でプレーしてきたので、15年以上になりますね。? イチローがメジャーに行くことが決まり、いよいよスター選手がいなくなったパ・リーグでさえ、私を指名しませんでした。気付いていないのではなく、何か他に理由があるのかも知れません。その理由が分からないまま、ここまで来てしまいました。? マズイです。選手としての寿命が38歳とすれば、来年指名されたとしても10年出来るかどうか分かりません。年間15勝としても、15×10=150勝。名球会入り不可能。仮に野手としてプレーしても年間180安打として、180×10=1800安打。これまた、名球会入り出来ず。こうなったらプロテストに参加と思ったら、もう終了していた・・・。今さら社会人野球という気にもなれない。? と言うことで、来年もまた草野球のスターとして生きていき、ドラフトの日を楽しみに生きていきたいと思います。どなたか、スカウトの方とお知り合いの人がいたら、素晴らしい逸材がいるとお伝え下さい。手数料は、お支払いさせていただきます。? 久しぶりのひとりごとなのに、寒いひとりごとで御免なさい。今日の夜は冷えるの〜。

11月6日 高校三年生

? 皆さんも一度は経験あると思うのですが、
朝から同じ曲が頭の中をグルグル回ること。
これって結構辛くて、何かに集中していればいいけれど、
フッと気を緩めたときに流れ出すんですよね。
今日は、舟木一夫(字が違う?)の「高校三年生」が流れていました。
なんでこの曲が流れていたのか解りません。
しかも、最後の部分の
「タ〜リラ、ラリ〜ラ、ラ〜、い〜つ〜ま〜で〜も〜!」がエンドレスで。
「タ〜リラ」の部分が分からずに、余計に不快。
午前中で終わったのがせめてもの救いでした。
注:「だから何だ」と言わないように。

10月28日 この冬の企画

? 日本シリーズが終わり、プロ野球も一段落といった感じ。
我がアンバランスも全日程を終了し一段落した。
基本的に野球ネタと掲示板でもっているHPなので、
冬から春にかけての時期は更新が少なくなる危険性大。? ロト6の企画を立ち上げたが、全くかすらず終わる可能性が高い企画。
外れ続ければ、誰も更新していることを忘れてしまうだろう。
「ミッチ〜の競馬予想コーナー」の様に、
今となっては外れるのが面白いくらいの企画になるとも思えない。
楽しいのは参加する5人だけかもしれないが、
それもまたいとおかし。がそれではイカン。? おすぎとピーコの様に何かに対して批評してもいいが、
映画も見なければ服装にも興味がない。
本は読むが、
どんな本を読んでいるのか知られるのが恥ずかしいので教えられない。音楽に関しては、ミーハー丸出し。さて、どうしよう・・・。? と、ここで大々的に企画を発表すれば盛り上がるかも知れないが、
何も決まってない。
ただ、最近このコーナーの更新が少ないと思ったので書いただけ。怠慢だ。? 21世紀を目の前にして、何も変化無しではこりゃマズイ。
無い知恵絞って考えますか。
まずは、企画より先にトップページのリニューアルから始めようかね。
と言ったときに限って何もしないのが、私の性格。
これからどう変わっていくか、乞うご期待!しないで下さい。

10月17日 48万円の時計

? 「最近、更新サボってるんじゃないの?」と数人に言われ、
「読んでくれているのね」という喜びと同時に、
更新するのにネタが無いほど平和な毎日を暮らしているのだな〜、
と思う今日この頃。
そんな時に、ネタは我が身に舞い降りた。? 会社の用で銀行に行った帰りの事。
来月に控えた友人との箱根旅行が楽しみで、
思わず「箱根の山は〜天下の剣〜」と
自転車を漕ぎながら小声で歌っていると、
一台の車が横に停まった。「ちょっと、すみません。」
ん?私の事?と思って横を見ると、確かに私に言っている。
「なんでしょ」と聞くと、助手席の男が
「この時計なんだけど、オメガって知ってる?」何?!路上セールスか?
「会社は横浜の方にあるんだけど近くで展示会があって、
この時計が売れ残っちゃってね。これ、48万するんだよ。」
と見せてくれた箱の中には、金ピカの時計が二つ。
そして、「これあげるから、貰ってよ。
会社に持って帰ると、給料から天引きされちゃうんだよね。
あげるから、その変わり誰にも貰ったとか言っちゃダメだよ。」
超〜怪しい!その後、「これもあるんだよ。」と、
シルバーだかプラチナだかのネックレスが登場。
更に怪しさ倍増したので
「こんな時計を貰ういわれは、ありません。」と一言。
しかし男は、「あげるんだから貰ってよ。」としつこく迫る。
負けじと、「持って帰れないなら、捨てればいいじゃないですか。」と応戦。
「それは、勿体ないよ。」と男。
そんなやり取りが2、3行われたが、男も諦めて去っていった。
「いや〜、貰わなくてよかった〜。俺の選択は、素晴らしい!」と、
普通の人には当たり前の事なのだけど、断った自分を誉める私がいた。
どうも、私は変な事で人に声を掛けられやすい。
特に気を付けなければならないと、改めて思った。
すぐ近くで、違う人に声を掛ける男を発見。
さすがに、それを最後まで見届ける時間もなく、その場を後にした。
今思い返しても、貰わなくて良かったとつくづく思う。
貰っていたら、多分何千円の時計の為に、
私はマグロ漁船の上で荒波と男どもに揉まれていたかも知れない。
あ〜、恐い恐い。みなさんも、お気をつけてね。

9月26日 バカ言ってんじゃ、ないよ〜

 今回は、自慢話です。自慢話の嫌いな人は、特に聞いて下さい。? 昨日、我が家に一通のハガキが届きました。
その内容はと言うと、
「この度は<ボスMD>プレゼントキャンペーンにご応募いただきまして、
誠にありがとうございました。
たくさんのご応募の中から、厳選なる抽選の結果、
貴方様がご当選されましたので、ここに通知いたします。(抜粋)」でした。
当たったのです、ボスMD WALKMANが!
ハッキリ言って当てる気なんぞさらさらなく、
ただいつの間にかシールを集める喜びが芽生え、
2口集まったので応募したまでです。ホントです。
誰が当たると思います?無欲の勝利か、
日曜日に”なすびの懸賞日記”を図書館で借りてきたからか分かりませんが、
とにかく当たったのです。
何度、ボスセブンを飲み過ぎて、胃が痛くなったことか。
団地の集合ポストの上にあった空の缶に付いていたシールを、
何度剥がすのを我慢したことか。今思えば、楽しい思い出です。? そんな事があり、ふと昔の事を思い出しました。
確か中学の頃だと思うのですが、その頃はアイドル大好きで、
中でも工藤静香と浅香唯は別格でした。
下敷きに雑誌の切り抜きを挟むのはもちろん、
部屋の壁にはビックサイズのポスターがこれ以上貼れませんという程貼られ、
大きな声で彼女たちの歌を熱唱し、出演した番組の録画は欠かしませんでした。
その下敷きに挟んだ雑誌とは、言うまでもなく明星です。
ある日、その明星の懸賞に、勢い余ってハガキを送りました。
その送ったことを忘れるくらいしばらく経ってから、
我が家に明星から小包が届きました。
「明星から小包が来る覚えはないぞ」
と思いながらもワクワクしながら破るように開けました。
そして出てきた物はと言いますと、
袖だけオレンジ色でその他は白のトレーナー。
その時点ではずかし度100%なのですが、
その胸の所に「MUGO・ん・・・色っぽい 工藤静香」と書いてあり、
はずかし度120%にアップしました。
「何故、僕はこのプレゼントに応募したのだ?」と自問自答を繰り返しました。
と言いたいところですが、そこがファンの凄いところ。
さすがにそれを身にまとって外出はしませんでしたが、
家の中でしっかり着ました。
最後は、かなりボロボロだったと記憶します。
今思えば、家族の前でも恥ずかしい姿だったと思います。
残念ながらそのトレーナーは、焼却されてしまい今はありません。
今持っていれば、
友人の章君に着て貰って写真をお見せできたのにと、
残念に思います。?いつの間にか自慢話が、恥ずかしい話しになってしまいました。

9月22日 パラパラ

? 時々、変なことを思い出すことがある。
先日、駅のホームでパラパラと思われる踊りをしている、二人組の女子高生を見た。
それを見て、ふと思い出したことがある。? 大学時代、年に一度の学祭のオカマバーで一世を風靡していた頃、
アンバランスのYOU☆GOこと裕剛(多分)と一緒に違う部屋へ遊びに行った。
そこは少し暗い感じの部屋だったが奥に行くと踊り場があり、
台の上に乗った黒服の男の人が一人で踊っていた。
周りには、誰もいなかった気がする。
何だこの変な踊りは?と思っていると、この人の踊りに合わせて踊る事を知った。
それが、パラパラとの出会いだった。
踊りを知らない私は、その人の目の前でその人に合わせて踊った。
結構これが面白い。
踊りといえば、フォークダンスやモンキーダンスしか踊った事の無い私には、
お手本に合わせて新しい踊りを踊ることが楽しくてしょうがなかった。
しかし一心不乱に踊りすぎ、カツラの中が汗だらけ。
これでは、大事なお化粧が落ちてしまうと適当なところで止めた。
楽しい踊りの時間は終了したのだった。
今思い出せば、目の前でオカマだけ踊っているのに、
彼はよく踊り続けてくれたもんだ。
パラパラというよりも、オカマに個人レッスンと言った方があっているかも知れない。最初で最後のパラパラ。
みんなが夢中になる気持ちを、少しだけ知っている私だった。? そんな、事を思い出して昔を懐かしむのでした。おしまい、おしまい。

9月17日 おめでとうYAWARAちゃん

 先週からオリンピックが始まりました。
注目は、野球・サッカー・柔道・女子マラソン・競泳。
早速、柔道から昨日、嬉しい知らせが届いたのです。? 柔道を注目しているといってもすべてではなく、
田村亮子選手が金を手にするかしないかが一番の注目でした。
そして、手にしたのです。
あの大喜びした一瞬まで、もの凄く長い時と辛い練習があったと思うと、
やっぱり金と銀では全く違うのだろうと思いました。
それは全ての選手に言える事だと思うのですが、
YAWARAちゃんはまたその中でも特別でしょう。
あの涙を見て、申し訳ありませんが、始めて素敵だと思いました。? 今日残念だったのは、野球。アメリカにサヨナラ負けしてしまいました。
松坂が、不安を感じさせない好投をしたのですが、
初回のチャンスをものに出来なかったのがひびき、延長の末やられました。
勝てる試合だったので、非常に残念です。
今日の事は忘れ、次回に期待しましょう。? サッカーは、勝ち点3。
しかし、ブラジルは南アフリカに負けるかね〜・・・。

9月9日 焼鳥屋のオヤジ

? どうも最近、”マロのひとりごと”の更新をしていない。
別にサボっているわけではないのだけれど、
毎日が平和すぎて”ひとりごと”いう事も無いのです。? しかし、一昨日は参った。久しぶりにゴキちゃんが出ました。
俺が喋っている横を颯爽と飛んで登場し、
テーブルの上に着地して走り抜けテレビの裏へ。
しかも、デカイ!全身から鳥肌が立つのを感じ泣き叫んでいると、
そんな俺を見て何故かカミさんは俺を怒った。
「しっかりせんかい!」と。
カミさんはゴキちゃんが恐くないのか、ハエ叩きを持って突進していく。
さすがのゴキちゃんも、そんなカミさんにビビって出で来ない。
それを遠くで見守る私。
結局、登場から1時間半経ち、発見した私はカミさんを呼び、
カミさんは一撃で倒した。夫婦連携プレーと言ってる場合ではない。
普通は逆でしょ。しかし、恐いモノは恐い。虫は、お化けより恐い。
だから、お化けが出てきたら、俺に任せろという感じ。
実際出て、腰が抜けたらゴメンナサイ。
しかし、どこから入ってくるのだろう。
先日、大がかりなバルサンを炊いた筈なんだけど・・・? もう一つ。会社の帰り、駅から家路を急いでいると一台の焼鳥屋さんを発見した。ラーメン屋さんは時々見かけるが、焼鳥屋さんは始めて。
「たまには焼き鳥を買ってみるかな」と思い覗いて見ると誰もいない。
しかし、焼き鳥は置いてある。
どこへ行ったのかと思ったら、
オヤジがその車の隣で立ちションしてるじゃないですか!
見て見ぬ振りをして、家に帰りました。
二度と、この焼き鳥は買わない。そう、心に誓った。
<<back|<326327328329330331332333334335>|next>>
pagetop