June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

5月7日 釣りした

前日にテレビを見ている私に、カミさんのお父様が「川に行くかい」と、
声をかけてくれた。その夜、お父様は体に悪いのでお酒を控えているが、
「マロ君が飲みたいだろう」と言っては、
泊まりに行くたびにビールを一緒に飲むのが恒例となっている。
家族の注意を上手くかわしながら、お互い1.5Lづつ飲んだ。
そして、次の日の約束をしないまま、眠りに就いてしまった。?すっかり川に行く約束を忘れて寝ていた私の耳に、
「どうします?」の声が聞こえた。
もちろん瞬時に飛び起き、「行きます!」の答えで決定し、7時に出発した。?もちろん川に行くというのは釣りに行くということなのだが、
お父様は川の説明から入ってくれた。
これはお父さんなりの「焦らし作戦」なのかもしれない。
とは思わずに、話を聞いていた。? 人気の少ないところを選んで、お父様は車を止めた。
ここが、今日の釣りポイントに決定されたらしい。
颯爽と車を降り、指示の通りに動く私。まずは投げ方から、教えてくれた。
しかも、お手本は1度だけ。どうやらお父様は、体で覚えさせるタイプらしい。
私もその方がやりやすいので、助かる。
1度のお手本と説明でチャレンジした割には、まぁまぁの出来。
考えてみれば、初心者ではないのである。
気をよくして調子に乗って投げていたら、何か引っかかった。
「バスか?!」と思うわけもなく、おきまりの草木だった。
しかも取れずに、ルアーを一つ無駄にしてしまった。
そんな事にも、嫌な顔一つしないお父様はかっこよかった。? 一人で色々試していると、ある不安が私を襲った。
それは、魚を掴めないことである。
死んだ魚でもかなりの抵抗を感じるのに、あのビチビチする魚を触るのなんてもってのほか!あ〜、どうしよう。釣れたらどうしよ〜う!
きっとお父様は、魚を捕まえられずにうろたえる情けない私を見て、
「こんな奴に娘をやった覚えはない!」なんて言い出しかねない。? なんて、心配はまったくご無用。
向こう岸の釣りきち三平みたいな人は釣れていたが、
私の糸の先にはカラフルなルアーがいつまでも見えていた。
この心配は、次回に持ち越しということで、タイムアップした。あ〜楽しかった。

5月6日 最近のおもちゃ

? カミさんのいとこの子供さんに会いに行ったら、おもちゃがたくさんあった。
ちなみにその子供さんは私の事を気に入ってくれたらしく、
私の方に手を伸ばして抱っこを求めてくる、可愛い奴です。? おもちゃの話に戻るが、最近のおもちゃの凄いことといったらないです。
まさにハイテク(死語?)を駆使した物ばかり。
ドラえもんは何によって話すのか最後まで解らなかったけど色々喋るし、
犬はセンサーに反応して吠えたり、喜んだり、いびきをかいて寝たりする。
ドナルドダックは、こっちの声を聞き取り、その声を使って歌を歌う。
高い声を出せば高い声で歌うし、もちろん低い声を出せば低い声で歌う。
もう一つも何だか分からない名前のおもちゃだけど、
それもセンサーで反応するやつだった。
最近の子供は、こんなに凄いおもちゃと遊んでるのかと思うと、
いいんだか悪いんだか分からないけど、ただただ驚くばかりである。? がしかし、このおもちゃにも問題があった。
それは、これらが近くに集まっていると、犬の吠えた声を使ってドナルドは歌い出し、
ドラえもんは喋り、その動きに反応して犬やへんてこなおもちゃのセンサーに
反応して動き出す。それが続く。結構笑える。
しかし、慣れてくると騒々しさに、むかついてくる。
電池ばかり減っていく。そんな状況に陥るのである。? 結局の所、この子はそんなおもちゃよりも
マットを剥がすことに夢中でお構いなし。
楽しんでいたのは、私だけでした。
子供の心配よりも、自分の心配をした方がよさそうです。

4月30日 ありがとう、いとじゅん

この場を借りて、いとじゅんにお礼を言いたい。
彼は、私のこれからの野球人生を変えるかも知れない品を、2品紹介してくれた。? 1つ目は、本である。この本は、自分の中の打撃理論を根底から覆された本である
その本のすべてを鵜呑みにするつもりはないが、なるほどと思う部分はたくさんある。
今日は早速、その本で学んだ事を意識してみた。? 2つ目は、ジャイアンツの高橋由伸モデルのバット。
まさに、最高の一品!バットの太さ、グリップの握り具合、軽さ、
どれを取っても持った瞬間に、グッと来た。使ったみんなも、誉めてくれた。? この二つのおかげで、今日は好結果が生まれた。
その結果は、アンバランス最新情報を見て頂ければ分かります。?ありがとう、いとじゅん。これからも、いいモノがあったら教えてね。

4月27日 敵もさるもの

上の家族は相変わらずのうるささで、
いい加減言いに行こうと思っていた矢先の出来事。? 上の家が干していた靴が片方下に落ちて、
我が家の下の階のちょっとした屋根に乗っかった。
上の家が持っている一番長い棒を持ってしても届かなく、
とうとう我が家にお願いしに来た。
チャンス!この機会を使って、一言言ってやろう。
「ピンポーン」といった素敵な音ではなく、「ブッ、ブー」という呼び鈴が鳴った。
カミさんは意気込んでドアを開けた。
が、「いつもうるさくてすみません」と言われた。
こうなったら、カミさんは何も言えない。
ただただ、向こうの要求を聞き入れ、傘を使って下に落としてあげました。
今日は、我が家の負け。次回の対策を練らねばなるまい。

4月20日 今日はフルコース

題名を見て、「今日はフランス料理でも食べに行ったのか?」なんて思う人は、
我が家の家計を分かっていない人です。
何のフルコースかというと、
行きの京浜東北線では寝過ごして品川まで(1つ先)、
帰りの京浜東北線では熟睡して駅員さんに起こされるという、フルコースです。
品川までは結構行くんだけど(最高は大井町)、
帰りに駅員さんに起こされるのは初めてだな。
別に、そんなに疲れは感じないんだけど。
30近くなると、何かと「年だから」なんて言葉で片づけてしまうけど、
そんなことでは本当に老け込んでしまう。
「これは、年ではないのだ。寝る子は育つ!」などと、
訳の分からないことを心に言い聞かせる今日この頃。
お休みなさい。

4月16日 イチゴ狩り&上棟祝い

 今日は、野球が雨の影響で中止となったため、
茨城のカミさんの実家に行った。? イチゴ狩りが出来る所があるというので、
なかなか行かれる物でもないと思い、連れていってもらった。
ビニールハウスの中で、イチゴがわんさかなっている。
入った瞬間に、イチゴの甘い匂いがモワッと歓迎してくれた。
イチゴが好きな人にはたまらんが、
嫌いな人は失神してしまうかもしれないような匂いだった。
(嫌いな人は行かないと思うが)? へたを捨てる為の紙コップを片手に、甘そうなイチゴを見極めながら食べていく。
最初は、スーパーなどにあるような形のいいイチゴを狙っていったが、
なんだか甘みが足りない。
イチゴ狩りに対して余裕が出てきたら、小さくても真っ赤なイチゴに狙いを変えてみた。
これが、まんまと的中して、なんとも甘いイチゴと出会える出会える。
「これぞ、イチゴ狩りの醍醐味!」なんて勝手に思いながら、
黙々と食べ続け、カップの中はへたで一杯になっていた。
こんなに沢山イチゴを食べたのは初めてだった。
楽しかったし、美味しかった。? 余談だが、近くにいた小僧がイチゴを採って、
「これはダメ!」なんて言って、食べずに下に落とした時は、
親の目を盗んでイチゴへた爆弾を浴びせてやろうかと思ったが、
ここは大人になり我慢した。
小僧の紙コップの中には、へたにイチゴが中途半端に付いた無惨なイチゴちゃん達が、
ギュウギュウに入ったいた。
「もう一度、イチゴの食べ方を勉強してから出直して来い小僧!」? イチゴで満たされた苦しいお腹を抱えながら車に乗っていたら、
カミさんが建設途中の家を発見。
その家は骨組みだけ出来ていて、てっぺんには旗が立っていた。
他の地域でもやるのか分からないが、
この地域では上棟祝いと言って、まだ骨組みだけの状態の時に、
餅やらインスタントラーメンやら米やビールなどと書いた紙やら、
その他色々な物をてっぺんから投げ、
その下で袋を持った人たちがそれを拾うという儀式があるそうで、
それを拾うと縁起がいいそうだ。(金持ちの家は、札が降ってくるらしい)
ちょうどその儀式が行われる所だというので行ってみると、
想像以上の凄い人数(子供から、爺さん婆さんまで)
が袋を持ってスタンバイしている。
いざ、私もこの近所の人の様な顔をして、袋を片手にスタンバイする。
てっぺんには、大工さんの様な人たちが10人くらいいただろうか。
下には、50人(?)位の人たちが、いつ始まるのかと待ちかまえている。
両サイドには婆さん、正面にはカミさんというポジションの中、
いきなり体に衝撃が走った。? 「痛て〜!!!」カチカチになった餅(石みたい)が、降ってきたのである。
痛みに顔を歪めていると、周りは”狂喜乱舞”というよりも”狂喜乱拾”で、
しゃがんで落ちてくる物を拾う拾う。
「これは、いかん」と慌てて参加すると、目の前にご祝儀袋が入った袋が!
これは間違いなく縁起がいいと思い慌てて拾うが、良かったのはここまで。
その後は、餅の雨。
頭や体、さらにはご丁寧に耳の裏にまで直撃する餅の傷みに耐えながら、
拾わなければならないのだ。我慢して落ちてくる物に手を伸ばす。
が、ここで両サイドの婆さんにすかさず取られる。かなりの強者!
自分の周りの物は勿論のこと、私の周りの物までしっかり手を伸ばす。
「この人達は餅の傷みを感じないのか?」なんて考える暇もなく、降ってくる降ってくる。
なんとか痛みをこらえ、両サイドからの攻撃の隙を付き拾った。
しかし、あまりの痛さに最後の方は自分の身を守るのに精一杯となり、
頭を抱え「痛いよ、痛いよ」とつぶやき、うずくまりながら、この儀式が終わるのを待った。? 餅が落ちて来ないことを確認し上を見上げた。
確かに、終わったようだ。助かったのだ。
体中に痛みを感じながらその場を離れた。
洋服や頭は、餅の白い粉で真っ白になった。
縁起がいいかも知れないが、私は今回で十分だと思った。
途中で、「俺だけ上の大工さんに、よそ者とばれて狙われているのだ」と疑ったりもした。
「絶対、怪我する」とも思った。それだけ、凄かった。
しかし何が凄いって、袋一杯に餅を入れて笑ってるカミさんが一番凄いと思った。
女性は強い・・・

4月12日 便の話

昨日からどうも、スッキリ出ない。出ないと言うのは勿論、便である。
便とは通称”ウンチ”。
この件でひとりごとを言う事について、周りの反応は賛否両論だと思うが、
今回は肛門を振り絞って、いや勇気を振り絞ってひとりごとしたい。? 私の友人に、「アホの純也」という世界を股に架けすぎて、
世界中に家族が出来た奴がいるが、その純也はどこでもすぐに寝れる人で、
たまに10分15分寝れない時があると、「不眠症だ!」という強者なのだ。
それには負けるが、私の便は一日1回は必ずお目見えし、
多いときにはジャニーズに勝るとも劣らない、1日3回公演という時もある。
なので、1日出ないだけでお腹は異物感たっぷりで、このまま溜まりに溜まって、
満期を迎える頃には沢山の利子が頂けてしまうのではないかと、恐ろしくなる。? が、そんな時に使えそうな奥の手を、今このひとりごとを言いながら思い出した。
それは、「商品陳列棚大作戦」だ。
説明すると、これは友人の武久君もなるらしいが、
本屋さんやCDレンタルなどに行くと、何故だか催してくる。
並んでる商品を見ていると、何の前ぶれも無く、お腹のあたりがもやもやし出すのだ。
原因は、まだ不明。科学的根拠なし。
「ためしてガッテン!」でも、取り上げられていない。
でも、事実なのだ。(この現象を体験してる人は、ご一報を)? 早速、明日にでも本屋さんに立ち寄って、うろうろしてみよう。
でも、トイレの場所を確認しておかないと大変な事態が発生するので、
それだけは気を付けて。

4月10日 ほっぺが落ちた!

とうとう、念願のモノを口にした。さて何でしょう?
問題が思いつかないので正解を言っちゃいますと、
それは、ポテトアップルパイです。? 詳しく説明しますと、パイ生地の上にスィートポテトをドーム型にして乗せ、
その上にリンゴを乗せる。そして、焼く。(全然、詳しくない?)? 私は、スィートポテトも大好きだし、アップルパイもだいだい大好きです。
それが、合体したのです。
決して、その合体はマイナスの方向へは全く行かずに、
プラスの方向にだけ行ったのです。
食べた感想をここに書きたいのですが、美味しすぎて言葉になりません。
もちろん、ドリンクは牛乳!(低脂肪は不可)紅茶も可。? このひとりごとを聞いて、売っている場所を知りたい人は、
メールをくれれば教えます。
ちなみに、お値段は680円(税抜)。最高です!

4月5日 ジャイアンツ連勝で家庭円満

我がジャイアンツは、今日勝って3連勝!
広島3連戦では、開幕2連敗し言葉を失い、
カミさんは何も喋ってくれないと怒ってしまった。
何を喋っていいのか分からない位にショックだった。
これがただの2連敗だったらまだ平気だが、開幕2連敗となると、話は別だ。
長島監督は、”ロケットスタート”と名付け、
開幕から30試合を20勝10敗を目標とした。
しかし、ロケットが打ちあがるどころか、
地中に潜ってしまう始末(モグラスタート)。
がしかし、3戦目にようやく火が付いた。
そこから、今日の対中日第2戦まで、3連勝!
しかも、いずれも圧勝である。
試合中の我が家は、歓喜の声でいっぱいになり(私だけだが)、
試合終了時は嫌がるカミさんと、無理矢理の勝利の握手。
きっと、徳さんも(徳光さん)どこかで、大喜びしてる事でしょう。
おかげで我が家は、家庭円満。明日も、この喜びが続きますように。

3月31日  プロ野球開幕の夜

今日開幕した、プロ野球セリーグ。
毎年この日を迎えると、夜が待ち遠しくなり、昼間はソワソワしてしまう。
今日も、電車を降りてから家までの道のりを、思わず小走りしてしまった。
急いでテレビを付けて、点数の確認。
ウォッ、負けてる!上原が3点も!ちょっとショックを受けながらも、
それに動揺することなく着替えを終えた。
今晩は、カミさんが会社の同期の人と食事でいない。
野球を気にしながらも、伝言が書いてある紙に目を通す。
料理開始。とは言っても、タマネギ切って肉と焼くだけ。
しかし、このタマネギが目にしみる。訳もなく、号泣。
とその時、金本のバックスクリーンに飛び込む特大アーチ。
さっきの号泣は、この為にあったのだと感じながら料理再開。
料理が出来上がり席に着き、いただきます。
上手い!味付けに、自画自賛。
と、食べるのに夢中になっていたら、
実況・小川アナの絶叫。レフトスタンドが沸いている。
どっちだ、巨人か?広島か?
テレビに一周している姿が映ったのは、我らがマルちゃん。
さよなら、キヨ・・・? なんて失礼な事を思いながら、
反撃体制を整えていると岡島ちゃんが追加点を取られる。Why?? 
食事を終えテレビに向かって、ちょっと敗戦ムードを漂わせていると、
出た〜!!!松井の一発!!!!!これだ!待っていたのは。
団地ということも忘れ、一軒家の勢いで大喜び。
が、今日の喜びはこれだけ。
最後は、新婚元木の見逃し三振。見逃しはないでしょ・・・。
こんな、感じの開幕の夜でした。
明日は、おとなしくたくさん喜ぶぞ。
<<back|<382383384385386387388389390>|next>>
pagetop